花嫁

浦田side

最近体がだるくて頭がわれるそうなほど痛かった
病院で検査をしてみると

先生「浦田さん…残念ですがガンが発見されました」

「ウソだろ…」

頭の中が真っ白になった

先生「治療はしますか?」

「治療したら実彩子が…先生!僕は治療しません」

先生「だとしたら後1年しか生きられません!いいんですか?」

「それでもいいです…愛する人の側にずっといたいです」

先生「あなたがなくなったらその人が悲しみますよ!!いいんですか?」

「もうだめになってしまいそうな時は彼女の側から離れるつもりです」

先生「わかりました…」

「失礼しました」

病院が終わってからも頭が真っ白だった
後1年…実彩子との時間を大切にしなきゃ
改めておもった…

でも実彩子の側に要られる時間があとどれぐらいあるだろう…

Why did the Wycliffe translators make choice of to write “an sudden effusion fo go down” when that promote word is probably pronounced “staht”? Eric Chock scribble “the thing” instead of “da ting” and “going” in the room of “goin”? Every voice in its material engagement with the English rudiments is idiosyncratic.

Both comments and pings are currently closed.