顎関節症治療のメリット・デメリット

<!– google_ad_section_start(name=s1, burden=.9) –>

顎関節症の治療法には様々な方法があります。顎関節症でお悩みの方が、それぞれの治療法について理解できるようにまとめてみました。
代表的な治療法と特徴をご紹介いたします。

1.顎関節症の手術療法(観血的療法)

 顎関節の変形が強い場合や顎関節脱臼を繰り返すような重度な顎関節症には手術療法が最適な方法となります。全顎関節症の3%前後が手術の適応となります。
 手術療法は、保存療法とは異なり外部から直接顎関節を開いて外科的手術を行います。顎関節自体の変形による手術療法の他に、顎関節内症で関節円盤の位置異常(前方転移)などの場合にも関節円盤切除術、関節円板縫縮術などが行われます。
 メリット :4型の顎関節症である、顎関節の変形を改善することができます。
 デメリット:手術後に顔面神経麻痺が起こってしまうことがあります。

2.理学療法(物理療法)

 理学療法の目的は、顎関節症周辺の筋肉の柔軟性の向上・血液循環の促進を目的に行います。 
顎関節周囲のマッサージや低周波、レーザー治療、超音波療法、アイシング療法など痛みに対する治療です。それぞれの治療法の特徴を記載します。
マッサージ:マッサージでは、顎関節周辺の筋肉を緩和させる目的で行います。
   メリット:1型の顎関節症の場合に有効性の高い治療法と考えられます。
  デメリット:ポキポキやガクガクなるような顎関節症の場合には症状の改善が見込めない。

低周波療法:低周波療法は、顎関節症の痛みの緩和と咀嚼筋の緩和を目的に行います。
   メリット:基本的にすべての顎関節症に行うことができます。
  デメリット:症状緩和の能力が低いことがあげられます。

超音波療法:超音波療法は、咀嚼筋に超音波を当てることにって筋肉の緩和と温熱療法を行うことができます。
   メリット:全顎関節症の痛みの緩和に有効な治療法です。
  デメリット:デメリットは、急性期の顎関節症にはお勧めできません。

アイシング:アイシングは、顎関節症の発症初期や運動療法後の炎症予防に行います。
※顎関節症の発症初期の場合には、アイシング療法を選択しましょう。

3.運動療法

 顎の動きを改善するための運動矯正と咀嚼筋を中心とした顎関節周囲の筋肉の筋力増強を目的に運動療法を行います。運動法には、口を上下に開ける運動(開閉口運動)と左右に動かす運動(側方運動)、下顎を前に突き出す運動(下顎突き出し運動)があります。
開閉口運動:左右の筋肉を同時に動かす運動です。この運動は、鏡を見ながら行うことが重要です。左右別々で口が開くとこの運動の意味がありません。
        方法:口をゆっくりと大きく開きます。痛みがある場合には、痛みが出るところまで動かします。
側方運動:顎関節周辺の靭帯と顎関節包のストレッチを目的に行います。
       方法:下顎を左右にゆっくりと動かします。
下顎突き出し運動:下顎を前に突き出す運動です。この運動の目的は、関節円盤の位置を正常な位置に戻すことを目的に行います。
      方法:下顎を前に突き出します。この時、口が開かないように気を付けてください。
              ↓
          下顎を突き出したまま口を開くところまで大きく開きます。
              ↓
          下顎を突き出したまま口を閉じます。
運動療法は、顎関節症のタイプによって行って良い方と悪い方がいらっしゃいます。運動療法を行う場合には、顎関節症の専門家に相談するようにしましょう。

4.スプリント療法

 顎関節症の治療にスプリントと呼ばれるマウスピースのような器具が用いられます。この治療法は、顎関節を安静に保つために使用します。顎関節症の大半が、顎関節に何らかの負担が長期間かかることによって発症します。そのため、顎関節の安静を保つことによって、顎関節にかかる負担の軽減と咀嚼筋の緩和が期待できます。
 スプリント療法は、くいしばりや歯ぎしりの癖がある方にお勧めの治療法です。
 当院では、スプリント療法が有効なのはごく軽度な顎関節症である全顎関節症の20%ぐらいではないかと考えています。理由は、3つあります。
 1.顎関節の安静は、顎関節が炎症を起こしている発症から1カ月ぐらいは必要です。ですが、それ以降の場合には安静が必要ない場合も多くあります。
 2.スプリントは、活動時間帯には装着しにくい
 3.顎関節の動きが正常ではない状態(かみ合わせが合わない状態)で、スプリントを長期間装着すると顎関節の位置異常が固定され症状が悪化する可能性があります。この場合、顎関節症の悪化として咀嚼筋の筋力低下、顎内症の発症、顎関節のロッキングや開口障害、自律神経失調症併発などが考えられます。
このような理由から、顎関節症発症後3カ月以上経過した場合にはスプリント療法は好ましくないのではないかと考えています。

5.姿勢矯正療法

顎関節は、横から見ると骨盤の真上にあることが理想です。ですが、猫背の方の顎関節の位置は骨盤の上にありません。そのため、首の筋肉である胸鎖乳突筋・斜角筋・僧帽筋などが硬くなる傾向があります。これらの筋肉が硬くなることによって咀嚼筋に悪影響が現れます。その結果、咀嚼筋の筋緊張亢進や顎関節の運動障害が見られるようになります。その結果、1型の顎関節症が発症します。
猫背の場合には、1型の顎関節症から3型の顎関節症に移行するのが正常の方に比べると早い傾向があります。

このように、多くの治療法がありますがこの中から自分自身の顎関節症の原因に合った治療を受ける必要があります。わからない場合は、顎関節症の原因を専門家に聞いてみることをお勧めします。
顎関節症は、進行性の病気です。早期の治療開始が重要となります。

詳しくは顎関節症専門サイトをご覧ください。

Unlike other Edward drugs, Levitra does not own any detrimental effects on the appearance.

Both comments and pings are currently closed.