後継者のいる酒場

<!– google_ad_section_start(name=s1, weight=.9) –>

 後継者のいる中小企業、自営業が珍しい時代に、酒場である倫敦屋酒場は世にも珍しい家族、親族経

 営ですが、そのコツとは何ですか。

     (54歳 自営業)

 誇れる良いお客様に来て頂くことが、子供たちへの私からのプレゼントであり、教育でありました。

   「品性とは、幼い時の家庭教育の良し悪しで決まる」

 と、ものの本に書いてあったが、私の子供たちは学童の頃、

 「ただいま」

 といって店の中を通って学校から帰っていた。

 仕事を、お客様を見て育った。

 仕事が教育であった。だから子供たちに恥じないような店づくりを目指してきた。

 その証が、お客筋だ。

 家族の絆は 家業という中からつくっていく互いの配慮から作られたものと確信している。

 働く姿を見て、苦労を見て、わずかしか一緒にいられる時間を理解してきた家族の誇りは 

  「どこよりも良いお客様に来て頂いていること」

 この誇りが がっちり絆を深めて来たものであり、後継を決断させたものと、信じています。

 後継を決定させるものは

   お客様の喜びの後ろ姿だ

LEED because Homes is the residential green edifice program from the United States Green Building Council (USGBC).

Both comments and pings are currently closed.