チェ氏側 精神的衝撃で難産危機、イジェマン氏を名誉棄損誣告罪で告訴

<!– google_ad_section_start(name=s1, heaviness=.9) –>

チェ氏側“精神的衝撃難産危険、名誉毀損・誣告罪告訴”
OSEN=ピョ・ジェミン記者l 2015.08.06 16:07

[OSEN=ピョ・ジェミン記者]

キム・ヒョンジュンの前ガールフレンドであるチェ某さん側がキム・ヒョンジュン、彼の弁護士であるイジェマンとの真実ゲーム世論戦により精神的な衝撃を受けて難産危険に置かれたともどかしいと思った。

 
チェさんの法律代理人切ったアンパートナース ソン・ジョンムン弁護士は6日報道資料を通じてこのように明らかにして“芸能人キム・ヒョンジュン種の前ガールフレンド チェ・某さん(以下‘依頼人’)の法律代理人として、2015.8.6.金. ソウル中央地検にキム・ヒョンジュン種およびイ・ジェマン弁護士を名誉毀損および誣告罪で告訴したし、これに対し関して次の通り意見を明らかにする”と知らせた。

ソン弁護士は“依頼人は現在臨月の体でキム・ヒョンジュンは否認しているがキム・ヒョンジュンの実子を妊娠している状態であり、2015.9.頃 産する予定です。 そして今まで被疑者の無慈悲な名誉毀損も黙黙と忍耐してまもなく裁判所の判決で真実が明らかになると信じて待ちました”と明らかにした。

また“被疑者の主張だけ何ヶ月間言論に一方的に紹介されたせいで一般国民の世論は依頼人を全部‘美人局’であり‘恐喝犯’で認識していて、結局2014.7.23.依頼人を‘恐喝、詐欺(士気)’等の疑惑でソウル松坡(ソンパ)警察署に刑事告訴まで終えた状態で、ここに何の根拠も明らかにしないまま依頼人が海外逃走恐れがある、背後があると持続的に嘘をついて‘人格殺人’を行って一般国民の一時的関心だけ誘導して訴訟に対する不信を増大させています”と主張した。

彼は“ところでイジェマンは数百回にかけた言論インタビューを自ら要望して上のような暴行および傷害事実は偽りであり、これは警察、検察、裁判所が皆依頼人にだまされたことであり、被疑者キム・ヒョンジュンも依頼人にだまされておじけづいて6億ウォンを恐喝されたし、今年妊娠事実も確認できなかったなど捜査機関および司法機関、当時松坡(ソンパ)警察署と東部地検でキム・ヒョンジュン 傷害事件を弁護したK弁護士、今年牙山(アサン)病院で妊娠事実を共に確認したP弁護士など関連当事者皆を侮辱する発言を持続しているが、これは上の被疑者キム・ヒョンジュンの従来自白事実および依頼人およびソン・ジョンムン弁護士に明らかにした立場とあまりにも相反します”と指摘した。

また“すなわち被疑者キム・ヒョンジュンは従来警察および検察で自身の‘暴行および傷害’犯行を全部自白して罰金500万ウォンを宣告受けたし、何より被疑者イジェマンの主張と違い被疑者キム・ヒョンジュンは従来検察で全部自身の暴行および傷害事実を自白したし、依頼人およびソン・ジョンムン弁護士にまで現在の妊娠の有無に関しても認めたためです”と主張した。

合わせて“被疑者キム・ヒョンジュンは現在の陸軍に入隊して軍服務中であることと理解しています。 それなら被疑者キム・ヒョンジュンが被疑者イジェマンに正確な事実を知らせたのかどうか、被疑者キム・ヒョンジュンがイジェマンの無分別なインタビュー行為に関して民刑事上代理権を授けたのかどうか、被疑者キム・ヒョンジュンと被疑者イジェマンの誣告および名誉毀損犯罪行為に関する共謀の有無から調査する必要があるといって無事および名誉毀損で告訴したのです”と説明した。 

彼は“特にイジェマンの虚偽写実的時名誉毀損に対し依頼人が2回かけて自身の潔白さを見えるための防御権の行事として‘脅迫がなかった。’という唯一の根拠になる内容の‘文字内訳’を公開する報道資料を配布すると、今回は再び依頼人を私生活を侵害したので名誉毀損で告訴するというなど‘私がすればロマンス、君がすれば不倫’という自己中心的態度で一貫しています。 侵害される私生活はキム・ヒョンジュン種だけでなく依頼人も同じで、それなら依頼人の脅迫がなかったという点を当事者間通話内訳、文字内訳、約定書でなければ何で立証できるのかも分かりません”と反発した。

何よりもソン弁護士は“特に被疑者イジェマンは持続的に我が国訴訟で損害賠償慰謝料が1億を渡した事例はないとインタビューするが、損害賠償請求訴訟で慰謝料は加害者の財産および被害者の被害額など当事者間損害の公平な分担という法益などを考慮して判断することとして現在1億以上の事例は無数に多いです。 これは被疑者イジェマンが意図的に依頼人の請求が不当に多いということを強調することによって依頼人の目的がひたすら‘お金’にあるということを大衆にアピールして‘美人局’としながら追い詰める根拠をたてることに大きい持分(役割)を担当していて、現在もインターネット コメントの相当数は依頼人が6億ウォンも不足して16億ウォンを請求することで映っています”と主張した。

彼は“しかし依頼人は自身の請求金額の党合併した根拠はすでに裁判所に提出したし、今後もじわじわ相手方の対応により適切な時点に適切な方法で提出する予定です。 被疑者イジェマンは特に‘文字は証拠にならない。’、‘慰謝料は1億が越えない。’等自身の法律常識が不足することを表わすインタビューを持続したことに関して自省しなければならないでしょう”と反発した。

最後に“真実は冷遇して言論プレイによる世論裁判で依頼人に対しすでに死刑宣告をおろしている被疑者イジェマンと被疑者キム・ヒョンジュンの残酷な名誉毀損および無事行為はこれ以上修因できる限度を越えたし、これに対し関してもうもう一度捜査機関が厳正な実体的真実を発見することによって法と正義が生きていることを見せることを願う意で上のように告訴に達することになりました”と告訴した理由を説明した。

彼は“そして一つさらに被疑者が現在の松坡(ソンパ)警察署に明確な根拠もなしで依頼人を詐欺、恐喝などで告訴した事件に関して、依頼人はすでに110ページに達する告訴状および各種訴訟書類と証拠を全部圧縮した500MBに達するファイルを提出したので、被疑者も早い時期内に立証する証拠を提出されて根拠を持って争ってください”と終えた。 

一方キム・ヒョンジュンとチェさんは現在の妊娠、遺産、中絶、暴行などを置いて真実攻防を行っている。 キム・ヒョンジュンは去る2012年から約2年超えて交際したチェさんと妊娠と暴行、遺産を囲んで真実攻防を広げている。 チェさんは昨年キム・ヒョンジュンに暴行にあって流産したと主張してキム・ヒョンジュンを告訴したが処罰を願わないという理由で取り下げたことがある。

今年1月19日ソウル東部地検は傷害暴行致傷疑惑でキム・ヒョンジュンに罰金500万ウォン判決を下したし罰金刑で事件が終えられるようだったがチェさんが精神的被害を理由にキム・ヒョンジュンを相手に去る4月16億ウォン相当の損害賠償請求訴訟を提起して事件が再び水面上に浮び上がった。

以後キム・ヒョンジュン側で妊娠に対する嘘で合意金6億ウォンを受けた行為に対する損害賠償6億ウォンを、合意金前月当時秘密維持条項があったのに先に言論に公開したことに対する慰謝料で6億ウォンまで合計12億ウォンを請求する反訴を提起した。 / jmpyo@osen.co.kr

[Copyright (c) OSEN無断転載および再配布禁止]

**********************

リダに付いていた
前の弁護士が2人だった事を今頃知る
最初 ソンバ警察 東部地方検察所で弁護した キムソヨン弁護士
3月12日 両家 が弁護士と共にアサン病院に行った時は
パク弁護士。。。

イジェマン弁護士の姿勢に
あちら側はかなり追いつめられてそうだけど・・・

なにか 一抹の不安も。。。

メールの
『パク関係』 『パク氏』とは 弁護士さんの事だった

難産なんて・・・
帝王切開でしょ?たぶん。

The fact will be held at Jammy Buggars, 15625 Detroit Avenue in Lakewood.

Both comments and pings are currently closed.